手汗は作業するのに困ります

私は、手汗のレベルが2程度の手掌多汗症でもあるので、集団で使用する、パソコンのマウスやカラオケマイクを使用するときなどは、一言言ってタオルで拭いてから、他の人に渡すようにしています。
介護の仕事をしていた時、手汗で人の身体に触れるときが特に困りました。デイサービスなどで、他者と手をつなぐ場面などは地獄でした。
手汗がひどい人は、他者に触れる前に、「一言謝って触れる」ことが、最低限のマナーだと私は考えています。
しかし、人との手と手の触れ合いを避けることも大変ですが、手汗がひどい人は、文字を書く作業にも支障をきたします。
タオルを下に敷いたり、洋服の裾を伸ばしてタオルの代わりにしたり、宙に手を浮かし、紙に直接手が触れないように文字を書くのは大変です。
学生時代は、テストを受けるときや、履歴書を書くときは、死活問題でした。手術はリスクが高く怖いのでやりませんでした。
ミョウバン水は効果がなく、塩化アルミニウムは肌が荒れ、ボトックス注射は高いわりに効果は半年ももたずにと、あらゆることを試しましたが、お金ばかりかかってしまい、さんざんな思いを経験しただけに終わりました。
手汗に効果があるのは、誰が何を勧めてこようと、「パースピレックス」という、インターネットで購入できる、海外の制汗剤が一番効果がありました。
症状を、汗ばむ程度のレベル1までに軽減させることができ、持続効果も満載なので、手汗に悩む人には、ぜひ勧めたい商品でもあります。
本当に、私はこれに出会い、人生変わったと感じられるほどの効果を得られています。

手汗解消をご希望の方はこちら!

手汗は作業するのに困ります

その方法にご用心

手足のムダ毛、気になりますよね。カミソリでの処理はお手軽ですが、頻繁に繰り返さなければならないし、生えかけのチクチクが余計に恥ずかしかったりします。
除毛剤は時間と手間がかかるわりに結果はカミソリと大差なく、肌に合わなくてかぶれたこともありました。
もっと簡単で長持ちする方法はないのかと、私は脱毛テープにチャレンジしてみることにしました。
剃るから毛先が目立つのであって、抜いてしまえばいいのです。テープを剥がす時の一瞬の痛ささえ我慢すれば、処理後の状態は今までよりもきれいになるはずです。いそいそとテープを買い込み、いざ実行に移します。
わざわざお風呂場でやらなくて済むのも楽でいいなぁと、まずは膝下にテープをぺったり貼り付けました。
躊躇するとかえって痛みを感じるとのことなので、エイヤッと一気に剥がしてみると、おお?つるつるです!
カミソリや除毛剤の時のような根元の残りもありません。やっぱり単純な方法がいいんだと納得し、場所を変えてテープを貼り付けます。
あれ?さっき処理したところがジンジン熱くなってきました。よく見ると、ぽつぽつと赤い点々が浮き上がっていて、それがだんだん大きくなってきて…。
なんということでしょう。軟弱な私の肌は脱毛の衝撃に耐えきれず、毛穴から出血してしまったのでした。
そのあと、2枚めのテープを剥がすのにどれほど躊躇したことでしょうか。結果は、やはり出血でした。どんな方法にも向き不向きがあるんだなと勉強になりました。

その方法にご用心